2017年01月21日

夜杉さんより

9歳の秋、小学校の図書館でふと表紙に惹かれ『精霊の守り人』を手にしてからもう15年です。しかし本当に大切な物語であるがゆえに、好きだという思いを今まで言葉にできず来てしまいました。20周年ということで、思い切って遅ればせながらお祝いの気持ちを込めて投稿しようと思います。

当時の私は絵本の優しさに慣れきっていて、傷だらけで戦うバルサの存在、登場する人たちそれぞれが背負う悲しみや理不尽に初めて触れ、とても狼狽えたのを覚えています。お話なのにこんなことってあるのかと。しかし同時に、世界の厳しさと優しさを手加減なく語ってくれる物語に強烈に引き込まれもしました。
夢中で思い描いた情景や匂い、手触り、たとえばタンダの家の暖かさや青霧山脈の霧雨、カンバルの夕方、商家の軒下のぬかるみ、海風の塩気、寒い朝の馬が吐く白い息なんかを、こんなにも鮮明に、自分の思い出のように覚えているものは他にありません。
以来、守り人をいつもかたわらに育ちました。上橋さんの文章で言葉を覚え、二木さんの挿絵で絵を学んだようなものです。ナユグを見ようと頑張ったり、バルサの短槍さばきを知りたくてなぎなたを習ってみたり、装丁を愛でることを覚えたり、守り人のメディア進出にドキドキしたり、挙げ始めればきりがないですが、守り人シリーズからはたくさんの楽しみをいただきました。言葉にすると陳腐ですが、本当に感謝しております。
なぎなたを習っても結局バルサにはなれませんでしたが(笑)、守り人に登場する彼らの生き方は私の血や肉になっているのだと思っています。字ばっかりのこんな本が自分に読めるだろうか……と本棚の前でぐずぐず迷っていた小さい私、そこで借りて大正解だよ。

上橋さん(ずっと「さん」と言っていたので「先生」ではなくそう呼ばせてくださいませ)、素晴らしい物語をありがとうございました。これからもずっとずっと大好きです。
posted by しらい at 14:12| Comment(0) | お祝いメッセージ

2017年01月09日

ななみさんより

守り人シリーズ20周年、本当におめでとうございます。
私が守り人に出会ったのは、小学校低学年の頃でした。クラスの隣の子が読んでいる本が気になって図書館で探して借りたのが精霊の守り人でした。

私が上橋菜穂子さんの作品が好きな理由は幾つもあるのですが、その中の一つに『何度読んでも新しい発見がある』という所があります。

小学校の頃はファンタジーとしての面白さ、設定の細かさやバルサのかっこよさに惚れ込んで読んでいました。

中学生、高校生になって読み返してみると、人間関係の深さに気づいて驚いたり、国家や宗教等の今現実の世界にも存在する問題が守り人の物語の中でも見えてきたりと、まだまだ新しい発見があります。

今私は高校3年生なのですが、これからの人生の時点時点で守り人を読み返したら、その時に私はどのような新しい発見をしてどのように感じるのか、自分でもとても楽しみです。
上橋菜穂子さんの作品は私の宝物です。今は自室の本棚の、1番手の届きやすい場所に大切に置いてあります。これからもずっと側においておきたいです。

私の中には、将来こんなふうになりたいなという女性像があるのですが、ほぼ上橋作品で構成されています。強くて優しくて、心も体も遠くまで動かせることができるような女性になりたいです。

素晴らしい物語を産みだしてくださった先生に感謝です。これからも先生の作品をずっと楽しみにしています。

posted by しらい at 23:38| Comment(0) | お祝いメッセージ

2017年01月01日

白井弓子より

balsa_hashi.jpg

『精霊の守り人』20周年おめでとうございます。
『精霊の守り人』と『闇の守り人』を一気に読んだとき、
バルサというキャラクターの魅力に、そして物語の強さに、
すっかり持って行かれてしまいました。
それから年月が経ち、守り人シリーズが大きな物語に育ち、
またメディア化によって様々な形で守り人の世界を楽しむ機会に恵まれました。
本当に一言では言えないような読書体験、実体験が積み重なる年月。
でもふと気がつくと、私は鳥影橋のたもとに、
ぱさついた髪をなびかせて立つバルサを見るのです。
何度でもあそこに戻り、そして何度でも苦しくも熱い物語に飛び込んでいける…
それはこの上ない幸運だったと私は思います。
上橋さん、ありがとうございました。
posted by しらい at 13:02| Comment(0) | お祝いメッセージ