2016年12月16日

さらさんより

20周年おめでとうございます。
私が最初に守り人シリーズと出会ったのは小学生のとき、学習塾の国語の問題文でした。
夢の守り人のタンダと花のシーンです。
第一印象は「タンダってパンダみたいな変な名前だな」というものであったことを今でも覚えています。情景は頭の中にはっきり浮かんでくるのに、その世界観が不思議で奇妙で、問題文の前後も読んでみたくて市立図書館で借りて読み始めました。
そして図書館で借りるのでは足りず、手元に置いておきたくて初めて自分で本を買ったのはこのシリーズです。月500円のお小遣いで文庫版が刊行されるごとに購入していました。(天と地の守り人刊行時には、お小遣いが値上がったため、念願のハードカバー版を購入できたのはいい思い出です。)
それから巻を重ねるごとに、自分より少しだけ年上のチャグムが成長していくのを憧れの気持ちで読んでいたように思います。
守り人シリーズを読み始めて10年強、影響を受けて文化人類学に興味を持ち、大学では文化人類学の授業を取ったり本を読んだりしていました。今では、あと10年もしないうちに精霊の守り人刊行時のバルサと同世代になってしまいます。
ところで最近ではテレビ実写ドラマ化されています。また、なんと日本に留まらず、世界展開も果たしているので、私は今、中国語翻訳版を中国語の勉強に役立てているところです。長く方々で愛されている作品だからこそ、折々で触れることができ、少女時代に読んだ時とはまた異なった印象を持つことができます。
これからもずっと楽しんでいきます。素敵なシリーズを産み出してくださり、ありがとうございました!!
posted by しらい at 13:29| Comment(0) | お祝いメッセージ

2016年08月26日

みさとさんより

守り人20周年おめでとうございます!
現在高校3年生の私が守り人シリーズに出会ったのは小学6年生のときでした。最初はバルサのかっこよさからとりこになりましたが、年齢が上がってくるにつれて、様々な視点から読むようになりました。ファンタジーでありつつも、この社会全体の仕組みを描いた鋭い物語でもあり、読むたびにその壮大かつ緻密な世界観に引き込まれます。
今でもしょっちゅう読み返していて、特に嫌なことや辛いことがあったときに守り人を読むと、頑張って立ち向かおうという気持ちになります。
守り人シリーズは私の人生の中で一番大切な本で、もう全部全部大好きなのですが、特に「炎路の旅人」の中の「十五の我には」が大好きです。今、私は学校や進路や人との関わり方でとても悩んでいて、自分という人間がこれからどういうふうに成長していけるのか、毎日考えて毎日自己嫌悪に陥る日々ですが、今感じている辛さや、将来に対する不安も、大人になればいつか懐かしく思い出せる日が来るのかなあ、と思わせてくれた話です。また、「三十を過ぎたいまもまだ、見えていないことは、たくさんある」というバルサの言葉に、大人でもずっともがき続けているんだ、という驚きと人生の厳しさを教わったとともに、安心感もありました。
バルサのように強く優しい女性になるのが目標です。

上橋先生の朗らかな笑顔もとっても素敵で大好きです!♡
これからも応援しています!
posted by しらい at 13:33| Comment(0) | お祝いメッセージ

2016年07月18日

泰麒さんより

守り人シリーズ20周年、おめでとうございます!
私が出会ったのは「闇」刊行のときなので・・・
もう18年以上のお付き合いになりますね。
初めはチャグムの年齢に近かった私も、シュガを追い抜き、今はバルサと同じく らいです。

今までに何度もシリーズを読み返しました。
その度に、自分でも驚くほど、それまでとは異なる感想が湧き上がってきました。
登場人物の感情が痛いほど伝わってきたり、思わず涙ぐんでしまったり。
何で今まで気づかなかったんだろう、なんてことも。

私は守り人を読んで、「ファンタジーって、こんなにおもしろいんだ!」と感銘 を受けました。
そしてどんどん、「ストーリーの面白さだけではない面白さ」に惹き込まれてい きました。
もっともっと多くの人に、この感動を味わっていただきたいと思っています。
これから守り人が、人々に語り継がれる物語となっていくことを願ってやみません。

上橋先生、守り人を生み出してくださりありがとうございました!
posted by しらい at 11:03| Comment(0) | お祝いメッセージ